×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アロエベラの栽培と育て方

アロエベラ苗は、ご近所の園芸店や最近ではインターネットの通信販売で買い求めることができます。

@鉢で栽培する
鉢:アロエの胴周りと同じ程度のものでOKですが、それより大きい方が安定します。
土:水はけ、適度な保水性、通気性のよい用土が条件です。特にこだわりはありませんが腐葉土2、3割、赤玉7、8割程度が適当です。通常の土の場合には鉢底に小石など入れて水はけを確保すればOK!

A置き場所
日当たりよく風通しの良い場所が良い。
もちろん室内でも育てることはできます。
室内で育てるメリットとしては空気をきれいにしてくれることです。
水分を多く含む多肉植物は空気をきれいにしてくれます。

B水遣り
屋外の場合は特に水遣りに気にすることはありません。
お天気任せでOK!
アロエの保水力をなめたらあきません。
鉢植えの場合一週間に一度程度で十分です。

C追肥のタイミング
肥料は液肥、固形肥料などを3、4ヶ月に一度与えれば十分です。
やりすぎには注意しましょう。多くの追肥は根腐りの原因となります

D株の増やし方
アロエベラは、真ん中の芯の部分が成長点です。
この成長点が確保されれば、根がなくても挿し木をすることでやがて発根し成長します。
また、アロエベラ株の増やし方は、子株です。
アロエベラは、順調に成長してくると3年目位に根元からたくさんの子株が芽をだします。
子株が15cm程度にに成長してから、植えかえましょう。小さいうちに植え替えるとそのままかれてしまうことがあります。

Eかかりやすい病害虫
あまり病気にならないのがアロエのよいところでもあります。
ただし、まったく病害虫がこないかといったらそうではありません。 外注はカイガラムシ、アブラムシ。
春から秋にかけて葉に白い虫がへばりつくように付くことがあります。
これはカイガラムシなので植物の栄養を吸ってしまう前に見つけ次第落としてしまいましょう。

アロエ四季咲きと土
私はこれらを買い家に植えているので年中アロエが食べれるし年中困ることがありません!

まとめ
・とにもかくにも日当たりの良く風通しの良いところに!
・水遣りは神経質にならなくてOK!
・肥料はやりすぎに注意!

つまりあまり手をかける植物ではないということ!
簡単ですね!


>>アロエとははこちら
>>アロエベラの効果効能はこちら
>>アロエベラの栽培と育て方はこちら
>>アロエベラジュースはこちら
>>アロエベラの食べ方はこちら
>>日焼けにはアロエでケアはこちら
>>やけどにはアロエはこちら

トピック

スポンサードリンク

Copyright © 2007 アロエの効能と効果 All rights reserved.
- テンプレートマジック -